4歳暴れん坊娘と3歳の医療ケア児のブログ⠒̫⃝ ∵⃝ ⍢⃝ ⍤⃝  ⍨⃝ ◡̈⃝

2児の父 長女4歳かなり激しい暴れん坊娘 妹思いな年少さん 次女3歳 超未熟児 脳性麻痺 ウエスト症候群 未熟児網膜症 胃瘻 etc…

スポンサーリンク

母乳育児orミルク育児について‼男の人も知っておいてほしい赤ちゃんの授乳‼

スポンサーリンク

こんにちわ\(◡̈)/

 

赤ちゃんのオムツを変えているときによくおしっこをかけられるこたつ(@kotatu)です(°д°)

 

かわいいもんですけどね(笑)

 

今回は

母乳・ミルク育児について!

ネットなどでもよく、母乳派・ミルク派の意見が見受けられますよね。

これについて長女、次女の経験を踏まえ、男のぼくの見解を書いていきたいと思いますのでよかったらお付き合いください。

 

はじめに

出産したら自然と母乳が出てそれで赤ちゃんが育つ。

子供が産まれるまでそう思っていました。

人に預ける時や、外出してる時は哺乳瓶でミルクを飲んで、家では母乳をあげて過ごす。それが普通に出来ると思っていました。

 
無知とは怖いものです。

 

長女の場合


長女が産まれて、赤ちゃんを連れて出かけていると、よくご年配の方から声をかけられた。

 

「可愛いわねー(^^)母乳?ミルク?」

 

母乳だと伝えると、何故か褒められることが多く

 

「やっぱりミルクで育った子とは違うわー。うちの孫はミルクなのよ。」

 

と、呆れた顔で言ってきた事に疑問を感じていました。

 


うちの長女は完全母乳でした。f:id:kotatuatakai:20190424105322p:image

というのも、うちは長女の時、妻は母乳過多で苦しんでいました。

 

3時間も空いてしまえば、張りすぎて胸がカチコチになり痛くて岩のようだと、搾乳しては捨てて、乳腺炎にもなり母乳外来にも何度か通っていました。

 

赤ちゃんに飲ませる事

痛みを無くす為にはそれが一番。

そんな状況だった為、哺乳瓶でミルクをあげれるような感じではなくなっていました。

哺乳瓶を使いたいと思った時には、長女は哺乳瓶もミルクも拒否するようになってしまっていました。

 
哺乳瓶が使えない。

ミルクも飲まない。

 

その為体調壊しても薬を飲めず、食事もある程度気を遣い、お酒も飲めず、預ける事も出来ない。

 

母乳が出るならそれで育てるのが一番いいのかもしれません。

経済的で、免疫がつくと言われてる。

不便な事はあっても母乳育児を目指す人が多いのも納得です。

でも皆が皆、母乳で育てられるわけではないんですよね。

 

次女の場合


うちの次女は完全ミルクでした。

f:id:kotatuatakai:20190424105350p:image

実際は経管栄養なのですが

 

長女で母乳過多だった妻ですが、次女は早産だった為(出生についてはこちら)、NICUとGCUに10カ月入院していました。

 

その為、産後しばらくは搾乳し冷凍して持っていき、看護師さんにあげてもらってましたが、直母出来ていない事とストレスが重なりどんどん出る量は減っていったようです。

 

母乳外来にも通い、母乳が出やすくなると言われているハーブティや、ゴボウのタネなど色々試してはいましたが、半年もすると出なくなりました。

 

毎日面会のたび、母乳もう持ってこれないですか?と聞かれ

「もう出ないんです」

と言ってもまた面会時に聞かれる。

 

小さく産まれているので、尚更

「母乳をあげて免疫を少しでもつけていきたいんですよ」

と、何度も言われる事がまたストレスとなり、母乳が出なくなり、搾乳出来ず、

面会行きにくくなる。

と、どんどん追い込まれていきました。

 


母乳育児をしたくて出来ない人もいる。元々ミルクで育てるつもりの人もいる。

 


母乳じゃないと!と何度も言われる事、母乳かミルクかとか聞かれる事自体嫌な人もいるとおもいます。

 

まとめ

 
そもそもミルクってそこまで否定されるものなんだろうか?

 

今のミルクは成分だって考えられて作られている。

哺乳瓶が使えたらお父さんやおばあちゃんも授乳を手伝える

経済的ではないかもしれないけれど、否定されることではないと思う。

 


そして最近は液体ミルクも出てきた

選択肢は色々あっていいと思う。

どれも使えるのが理想だろうが、そうも上手くいかない。

 

母乳で育てたくても

母乳が出ない場合、出ても直母が難しい場合、足りない場合もある。

 

哺乳瓶を使いたくても

ゴムが嫌な場合もあるし、哺乳瓶の口を色々変えたり、ミルクもメーカーを色々変えたりして、あったものを探していく。

 

ママにとってもパパにとっても

なにより子供にとっていい育て方を見つけていくことが良いと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました\(◡̈)/

 

ツイッターもよろしくおねがいします(^^)

☘️@kotatu10291211☘️

 

 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク