4歳暴れん坊娘と3歳の医療ケア児のブログ⠒̫⃝ ∵⃝ ⍢⃝ ⍤⃝  ⍨⃝ ◡̈⃝

2児の父 長女4歳かなり激しい暴れん坊娘 妹思いな年少さん 次女3歳 超未熟児 脳性麻痺 ウエスト症候群 未熟児網膜症 胃瘻 etc…

スポンサーリンク

良い人間関係を構築するには!!感謝力とは何で測られる?

スポンサーリンク

お疲れ様です。

 

今日はいつもの子育て的なことではなく、、、

 

 

人間関係を構築する感謝力について!

 

 

そもそも感謝とはどのようなときにするのか?

 

何でもかんでもお礼をすればいいと言うわけではないですよね。

相手に感謝を伝えるには

  1. 適切な場面
  2. 適切な言葉
  3. 適切な伝え方

をしっかり押さえましょう。

 

そして、なぜ

人間関係構築に関係するのか!!

 

 

1つずついきましょう。

 

 

1.適切な場面とは

「ありがとう」という場面で言い漏れ無く伝えないと、せっかくの親切に対して不快な思いをさせるかもしれません。

 

どんな些細なことでも当たり前と思わずにしっかりと伝えましょう。

 

場面とは

過去に対して

現在に対して

未来に対して

と様々なタイミングがあります。

 

現在、過去に関しては怠らないという事になりますが、

未来に関してはちょっと違います。

これは最後のまとめに記載します。

 

2.適切な言葉について

感謝を伝える際に言葉選びは重要です。

「ありがとう」なのか「嬉しい」なのかとか。

また、誰に対して、何に対してなのかもきっちり言葉にすることでより相手に伝わりやすくなります。

 

〇〇君、□□してくれてありがとう!

のようにその人に向けて端折らずきっちり伝えましょう^ ^

 

3.適切な伝え方

感謝を伝える際にどのように伝えるか。

 

一緒にいる時などは

きちんと相手の目を見て笑顔を意識することで

相手に伝わる印象が変わります。

 

メールやラインにて

ここに関しては、上記で書いたような

誰に、何に対してかを伝えましょう。

 

ただただ

 

ありがとう

 

だけではなんか無機質に感じますよね。

 

 

でも場面によってはこの無機質な

 

 

ありがとう

 

 

が、めちゃくちゃ嬉しく感じることもあるので日本語って本当に難しいです😫笑

 

まとめ

  1. 適切な場面
  2. 適切な言葉
  3. 適切な伝え方

を意識するしないとで伝わり具合は全然変わります。

 

ここで、先程後回しにした

未来に対しての感謝を例文を用いて説明します。

 

 

あなたはあるレストランの店長です。

現在シフトを作成しているのですか、

〇日に欠員が出ています。

グループラインでスタッフに呼びかけを行ったところ、Aさんが入ってくれることになりました。

あなたは、Aさんに「ありがとう」と伝えシフトを完成させ当日も事なきを得ることができました。

 

次の月、またもやシフト作成をしており欠員が出ています。スタッフに呼びかけても誰も入ってくれません。

前月協力してくれたAさんにも断られてしまいました。

 

なぜでしょう?

 

 

 

まずAさんが始め協力してくれたとき、グループラインで呼びかけているので、きちんと

誰に対しての感謝なのか伝えるべきでした。

 

また当日を迎えるまでの間、

Aさんが協力してくれてから次に会ったときに直接感謝の言葉を掛けてあげているか。

 

そして、当日にも、協力してくれたことに感謝し労いの言葉を掛けてあげたか。

 

 

です。

 

これらを怠ってしまった店長は、Aさんから

「シフトさえ組めたらそれでいいんや」

「そもそも追加で入ったことすら忘れてんちゃうか?」と

信用を失っています。

これでは人間関係は破綻してしまいます。

 

店長に対して不信感を抱いてしまったAさんは翌月のシフトの呼びかけに対して協力する気にはなれません。

 

未来についての感謝には、

きちんと伝えるべきタイミングがその時以外にもあるのです。

 

 

そんなんまでいちいち気にしてられへんわー

という方もいらっしゃるかもしれませんが、

固くなる必要は全くないのです。

 

ただ、相手の行為に対して

どれだけ誠実に対応するか

どれだけ丁寧に接せるか

なのです。

この精度が高ければ高いほど相手へ伝わりあなたの感謝力が測られます。

 

ぜひお試しください😊

 

スポンサーリンク